キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 施行管理技士の転職で求められる人材 : 転職の達人(施工管理編)

施行管理技士の転職で求められる人材

施行管理技士の転職で求められる人材は45歳くらいまでにあがり、電気系、設備系の施工管理技士の資格があるとより求人の幅が広がっていくことでしょう。

転職の達人(施工管理編)

施行管理技士の転職で求められる人材

施行管理技士の転職で求められる人材は、20代の若い世代の場合は、二級土木施行管理技士、二級建築施行管理技士の資格を取得していることが需要です。

また、これまでは年齢の上限が40歳くらいまでの求人が多かったのですが、現在は45歳くらいまでOK、50歳の契約社員雇用という求人が増えてきました。

更に若い人材を教育するための指導者としての雇用も増えているなど、一度業界から退いた方でも再就職しやすい状況でしょう。

地震の多い日本では全ての土木建築の現場において高い耐震技術が求められるために、実務経験の多い施行管理技士はかなり需要が高まっている傾向にあります。

[関連LINK]平成28年度 1・2級建築施工管理技士[資格詳細] ::建設管理センター

ソーラー系の技術に注目が集まっていることもあり、新しい製品を取り扱うことも増えており、電気系、設備系の施工管理技士の資格があるとより求人の幅が広がっていくことでしょう。

更に今後日本では2020年に東京オリンピックを控えているため、オリンピックに関連する全ての施設の改修工事などが増えて、どうしても現場の施行管理技士が必要になってきます。

東京オリンピックに向けての動きはすでに始まっており、施行管理技士の転職市場はさらに活発になっていくことでしょう。

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加