キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 施行管理技士の経験と転職の関係 : 転職の達人(施工管理編)

施行管理技士の経験と転職の関係

施行管理技士の転職で、今最も求められる人材は設備系の電気関連であり、その他これまでの経験によって大きく影響があります。

転職の達人(施工管理編)

施行管理技士の経験と転職の関係

施行管理技士の転職の場合、これまでの経験が自分にとって大きな武器となります。

東日本大震災が起きてから、建設業界では関連事業において多くの人材を必要としており、いまもなお不足しているところも少なくありません。

よって求人のニーズは多様化しているのですが、そんな中で最も求められる人材は設備系の電気関連の施行管理技士です。

電気関連というのは、経験者が少なく、また指導できる人や環境が揃わないと資格保有者を採用しにくいので、設備系の電気関連経験者は転職にかなり有利と考えられます。

特に有利なのは施工管理、機械設備設計の30代の有資格者で、中小企業だけではなく大手の企業においても転職がしやすい状況です。

施工管理技士と言うのは、時間と予算の決まっている工事の中で如何に高い品質で技術を提供できるかと言うことがポイントであり、過去でどの様な工事に携わっていたかと言うことでその経験も判断されます。

転職先に提出する履歴書にはこれまでの経験の詳しい内容を記入する様にするとよいでしょう。

品質管理やカスタマーサービス、コンストラクションマネンジメントなどにおいては、若年層の育成をすると言うよりも、経験のあるシニア世代の人材に注目が集まっています。

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加