キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 現代の施工管理技士の転職事情 : 転職の達人(施工管理編)

現代の施工管理技士の転職事情

施工管理技士は、東北定住できる人材や電気や設備系の人材不足、ホームセンターにおける新たな業務展開によって転職しやすい状況です。

転職の達人(施工管理編)

現代の施工管理技士の転職事情

転職することが世間一般的にも認められる様になり、日本においても転職=キャリアアップという向上のイメージが定着してきました。

施工管理技士という職種において、現在の転職事情はどの様なものなのでしょうか?

まず、年齢的なことです。

施工管理技士の資格は、国家資格+実務経験が必要になるため、転職においても幅広い年齢層が求められている状況にあります。

特に東日本大震災の影響もあり、全体的に施行管理技士が必要とされている状況は今もなお変わることがありません。

一時的に都市部からの施工管理技士が東北に流れた時期もありますが、未だ復興が終わっていないため、東北に定職する施工管理技士が不足していると言われています。

他、施工管理技士でも特に需要があるのが、電気工事施工管理技士、管工事施工管理技士であり、職場をなかなか離れられない+必要とされるために求人の選択肢は有利でしょう。

転職を考えている場合は、転職サポートのあるサイトを利用するとスムーズに転職しやすいです。

ここ最近ではDIY流行りなどもあってホームセンターが充実していますが、ホームセンターではアドバイザーをする新しい業務なども注目されており、現場を退いた高年齢の人でも従事しやすいということもあって今後増える傾向にありそうです。

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加